· 

賛燦山81 人口減少と地方の高齢化

 先週は1人で上諏訪を旅してきました。いつもは車で行くのですが、電車で行ったのは初めてでした。レンタサイクルを借りて市内を回ったり、バスや電車を利用して「諏訪大社四社まいり」をしてきたのですが、行かれた方はご存知かと思いますが、それぞれが離れているので、たくさん歩きました。2日間で44000歩になりました。

  この街を回っていると、あることに気が付きました。平日、日中ということもあって、多くの店が閉まっており、60代、70代、80代のお年寄りが多いのです。

 図書館で見つけた2月25(日)の産経新聞に日本の人口減少と地方の高齢化の記事があったのを思い出しました。今日はこれを紹介します。

 

・2050年には、東京都を除くすべての道府県で人口が20年と比べて減少する。

このうち11県では30%以上減る。(厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所 昨年12月公表)

 

◎総人口 1億2615万人(2020)→1億469万人(2050)

◎東京都 人口は2040年まで増え続け、その後減少に転じる。

 増加率 2040年3.3%増がピーク、2050年2.5%増に鈍化。

 

★2050年の人口に占める65歳以上の割合(上位10県)

①秋田県(49.9%) ②青森県(48.4%) ③岩手県(45.9%) ④高知県(45.6%) ⑤徳島県(44.8%) ⑥山形県(44.3%) ⑦福島県(44.2%) ⑧和歌山県(43.7%) ⑨

長崎県(43.4%) ⑩奈良県(43.3%)

・2050年には25道県で40%以上になる。

 

★2022年中の人口増減(総務省「人口動静調査」2023年1月1日現在)

◎人口増加率の高い市区

①つくば市(茨城)2.30% ②印西市(千葉)2.16% ③流山市(千葉)1.90% ④豊島区1.89% ⑤台東区1.85%

・流山市は、子育て環境が充実したまちとして人気。

 市内の保育所(園) 17か所(2005)→102か所(2023)

 「駅前送迎ステーション」も好評。

 

◎人口増加率の高い町村

①占冠(しむかっぷ)村13.43% ②倶知安町5.73% ③白馬村(長野)3.16% ④西原村(熊本)2.93% ⑤ニセコ町2.87%

・占冠村 冬にスノーリゾートで働く外国人が急増。500人前後が転入。約3分の1が外国人。

 

◎人口減少率の高い市区

①夕張市4.62% ②歌志内市(北海道)4.32% ③赤平市(北海道)3.84%  ④芦別市3.65%

 ⑤輪島市3.55%

 

◎人口減少率の高い町村

①球磨村(熊本) ②渡名喜村(沖縄) ③上野村(長野) ④中川村(北海道) ⑤佐井村(青森)

・球磨村 12833人(1995)→2886人(2024元日時点)

 2020年7月の豪雨で球磨川が反乱。その後転出者が急増。消防団や地域清掃が難しくなってきている。

 

 人口が減少すると、税収が減少し、バス路線や駅の廃止が進みます。道路や水道の維持コストもかかり、コミュニティーのつながりも弱体化すると言われています。

 街に活気がなくなると、元気がなくなるんですね。