· 

賛燦山30  インカ帝国

 今週の「和食単語検索クイズ」はいかがでしたか?都道府県を学習するときの意欲付けになりませんか?

 あくまでも「単語検索」という視点であって、和食のランキングではないので、意外なものもあったと思います。検索理由が不明と書かれてあるのもありました。

★広島県 ①ししゃも ③メバル

 香川県 ①ドライカレー ②三食どんぶり

 滋賀県 ①豆乳スープ

 

 昨日の「こんなに安くて インカ帝国!!」インパクトあったでしょ?

 私なら「授業のまくら」に使ったと思うんですが、今の子どもは「インカ帝国」って知ってるのかしら?って疑問が頭によぎりました。

 私も名前はなぜか小さいころからよく知っているのですが、詳しくは語れないので早速調べてみました。

 

★インカ帝国

・南アメリカ大陸、現在のペルー、エクアドル、ボリビア、チリ北部を支配し、1200年ごろに成立し、15世紀に最盛期を迎えた国家。首都クスコ。

・面積は日本の約3 倍。最盛期は日本では室町時代。

・インカとは元来はクスコに住んでいた小さな部族の名称。その部族が中心となって大帝国を建国。

・最盛期は、100年ほど、版図は100万㎢ (日本の約3倍)、人口約600万人。

 

・太陽を崇拝し、太陽の化身とされる皇帝を頂点とする中央集権的な専制君主政治。

・帝国は4つの県に分れ,4人の県知事が皇帝の下で帝国の政治を担当。

・帝国の基盤は農業。トウモロコシやジャガイモを栽培。

・文字を持たずに、縄の結び方で情報を伝えた。

・巨大な石造建築、土木灌漑、冶金 (やきん) 術、鉱山、毛織物などに象徴される高度な文明があった。

 

・道路網の建設が発達しており、王道は全長3万㎞にも及び、クスコを中心として東西南北に向かう幹線を道路網が広がっていた。

・道はつねに掃除され、石ころ一つ、雑草一つも見当たらず、可能な限りまっすぐで最短距離で結びつけるように設計されていた。

・官僚や軍隊の休息のための宿場も設けられ、飛脚もいた。

・内紛に乗じたスペイン人ピサロらによって1533 年に征服される。

 

・クスコやマチュピチュなど遺跡が残っている。

・標高2500メートルの高地にあるマチュピチュの都市遺跡は、スペイン人侵略期の応急の避難所として築かれたものと考えられている。

・マチュ・ピチュとは、現地の人々の言葉で「老いた峰」という意味。