· 

賛燦三4 お正月を振り返る

 穏やかな新年をお迎えのことと思います。

 2024年 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 今日も、お正月は今までどんなことを書いていたか、ふり返ってみました。

★2019年(No189  新年のご挨拶)

・テレビをつけてもやかましいので、JUJUのジャズを聴きながら新年を迎えた。

・MIKAKOさんの素敵な詩を贈った。

 

◎それぞれの夢

人それぞれに想いがあり 人それぞれに心があり 人それぞれに夢がある

 

誰かの夢を覗いてすごいなと思ってみたり  羨ましいと思ってみたり 

悔しいと感じてみたり 焦ってみたり

 

それでもあなたの夢は あなただけの夢だから  その夢の光はその手にある

小さな夢の光を温めて 夢とむき合って力を入れすぎず  ただただ素直に一生懸命に歩み

がむしゃらさを忘れた頃に手のひらの夢の光は  あなたを包む光となる

 

あなたの夢はあなたが放つ光となり  また誰かを輝かせる

あなたと誰かの夢が重なり 新しい形の幸せが生まれる

だからその夢はそれぞれの夢だけど みんなの夢 

それぞれの夢が優しい世界をつくっていく

 

 みんなが夢を持って優しい世界を作っていきたいですね。ぜひ子どもたちに紹介してみてはいかがでしょう?

 

★2020年(No554 新年のご挨拶)

・スタバにコーヒーを飲みに行き、福袋(靴下、下着、パジャマ)を衝動買いしてきた。

・大晦日は、竹内まりやとユーミンが出るというので、久々に長く紅白を観た。

・2020年は、区切りのいい年なので、「新」何かを始めてみたい、「健」やかでありたい、痛みとオサラバしたい、「動」いろいろなところに出かけてみたい、「繋」がるべるを通してもっともっと繋がりたい。2020年の四字熟語は「新健動繋」にした。

 

 私は今年は、「繁」つながりを大切にすること、「復」やれなかったことに再挑戦すること、

 「感」感動、感謝を増やすこと、「痩」からだを絞ることを目標にしてみようかと。

 そこで考えた四字熟語は、「繁復感痩」。

 

★2021年(No920 新年のご挨拶)

・大晦日の夜の街は、緊急事態宣言の時の様に静まり返り、人が少ないのに驚いた。隣の神社は、初詣を中止した。 

・紅白歌合戦は、コロナの影響で無観客。今までで一番良かった。

・私の大好きな羽生善治さんの名言を贈った。

 

★羽生さんの名言10

①無駄な駒は一枚もない。

②勝ち負けには、もちろんこだわるが、大切なのは過程。結果だけなら、ジャンケンでいい。

③才能とは10年、20年と同じ姿勢で同じ情熱を傾けられる力のこと。

④平均点を目指すと、限界も決まってしまう。

⑤指導の基本は本人が気づくための時期を待つ。

⑥感性を研ぎすます秘訣は、ほかのジャンルの人と積極的に話し、聞くこと。

⑦いかに集中するかではなく、いかにうまく休むかということを考える。

⑧忘れていくというのは次に進むための大事な境地。

⑨机上の理論や研究だけでは見えてこない部分は、実戦を通して身につけていくしかない。

⑩新しい戦型は、実戦で試して一度負けないとマスターできない。

 

 羽生さんの名言は、「教育のバイブル」になりませんか?つまずいた時に思い出してみては?

 

★2022年(No弐-280  お年玉)

・2021年12月18日の日経「プラス1」の「学んでお得」から「お年玉」を取り上げた。

◎お年玉の由来

・「御歳魂(おとしだま)」と呼ばれる正月飾りの鏡餅を、家長が他の家族に分け与えたことが由来。

◎お年玉の実態

・コロナ下では、振り込みやキャッシュレスなどでお年玉を渡す人が増えている。

・現金(75%)、キャッシュレス(10%)、あげない(15%)

・1人の人がお年玉をあげる予定人数は「5人以上」が最多。

◎お年玉の相場

・お年玉の平均予定支出金額は2万6206円。

 小学生未満(1000円以下)、小学生低学年(1001~3000円)、小学生高学年(3001~5000円)、中学生以上(5001~1万円)

◎お年玉のやり取りの注意点

・親戚の子にあげる場合は、必ず大人が同席しているところで渡す。

・親戚内でのやり取りでは、同学年で差をつけない。事前に親戚同士で相場を決めておく。

・ポチ袋に入れ、誰から誰に渡されたものか分かるように名前を書く。

・お年玉は目上の方の子には渡さないのがマナー。「お年賀」か、物品が無難。

 

  今年は、物価高の影響で、小学生の未満の「1000円以下」はほぼ倍増の44.9%で、各年代とも減少傾向。もらう側は4人に1人(27.4%)がキャッシュレス希望だったんだそうです。

 

★2023年(No弐-645 お正月クイズ-1) 

・1月1日は、新年日、大正月、元日、元旦、元朝といろいろな呼び方がある。

・門松が飾られる1月1日〜7日前後までの期間を「お正月」という。

・2022年12月24日の日経「プラス1」の「何でもランキング」の「お正月クイズ」を取り上げた。

Q1. 1月1日に台風が発生した年は2019年。1952年以降最速。「パブーク」と命名。

Q2. 50年前の1973年1月1ドルは301円代。22年10月151円代で32年ぶりの安値。

Q3. 公示地価(住宅地)上昇率1位地点は、北海道北広島市。Fビレッジの影響。

Q4. 餅の消費支出額は最も多い都市は、福井市。羽二重餅が特産品。

Q5. お正月に使う祝い箸の本来の材質は、柳。しなやかで冬を越す生命力がある。

 

 鉄腕アトム (アニメ第1作)は、1963年1月1日からでした。見たような?見なかったような?