· 

賛燦の山1  2023年を振り返る(日本10大ニュース)

 「さんの山」に一歩踏み出しました。さて「さんの山」を何にしようか、朝のウオーキングから考えていました。

 「三の山」「参の山」ならすぐに浮かびますが、ちょっと待てよ!

 「エベレスト」や「富士山」にしてしまうと、ゴールになってしまい、4つ目の山はなくなってしまいそう。

 がるべる20周年を目指すなら、あと3つぐらい山が登れそうだ。

 

 「さん」を変換してみると、三、産、賛、酸、参、桟、山、算、散、讃、餐、燦、纂、珊、惨、蒜、撒、蚕、傘、杉などの漢字が出てきました。

 難しい漢字では、「纂」はあつめること、受け継ぐこと。「編纂」など。

 「燦」は、あきらか、あざやか、きらめくこと。「燦燦」「燦然」など。

 「餐」は、飲食すること、ごちそう。「晩餐」など。

 さらに「賛」の意味を調べてみると、たすける、力を添えること。「協賛」「称賛」などと書かれてありました。

 「賛」と「燦」の漢字が心に残りました。どちらも捨てがたい。

 そこで、ぜひ皆さんの少しでも助けになり、力を添えさせていただくことで、疑問だったことが少しでも明らかになり、ぜひきらめいてほしいという願いを込めて「賛燦の山」としました。  

 いかがでしょう?名前負けしないように精進します。

 

 

 さて、年末は恒例の2023年を振り返る(日本10大ニュース)です。「2023年読者が選んだ日本10大ニュース」(読売新聞12月23日)からです。

 10大ニュースすべて的中は19通(昨年は11通)あったそうです。

 

1位 WBC、日本が14年ぶり優勝(77.1%)

2位 大谷翔平、米大リーグで本塁打王(70.1%)

3位 ジャニーズ事務所、性加害認め謝罪(67.8%)

4位 将棋の藤井聡太竜王が史上初の八冠(66.7%)

5位 阪神38年日本一(62.5%)

6位 闇バイト強盗、指示薬「ルフィー」ら逮捕(54.1%)

7位 新型コロナが「5類」へ移行(53.3%)

8位 ビッグモーターが保険金不正請求(44.3%)

9位 記録的猛暑、夏の平均気温過去最高(42.8%) 

10位 福島第一原発の処理水放出開始(38.1%)

 私は、WBC優勝、大谷本塁打王、藤井八冠、記録的猛暑かしら? 

 

 

 ちなみに昨年(2023年)は、1位 安倍元首相が撃たれ死亡、9月に国葬、2位 サッカーW杯で日本代表熱戦、3位 知床観光船沈没事故

 

2021年は、1位 大谷翔平、メジャーMVPに、2位 東京五輪、日本は史上最多58メダル、3位 新型コロナワクチン接種開始 

 

2020年は、1位 感染拡大 緊急事態宣言、2位 東京五輪・パラ 1年延期、3位 菅内閣誕生 新内閣発足

 

2019年は、1位 天皇陛下の即位。「令和」に改元、2位 ラグビーW杯日本大会開幕 日本8強、3位 京都アニメーション放火 36人死亡。

 

2018年は、1位 平昌五輪で日本は冬季最多13メダル フィギュア・羽生結弦は連覇、2位 西日本豪雨、死者220人超、3位 日大アメフト部選手が危険タックル、スポーツ界で不祥事相次ぐ。