· 

No弐-999  1999年&言葉のおもしろさ42

 いよいよ1999号。達成した喜びも大きいですが、達成する前のわくわく感もいいですよね? リメンバー1990年代。今日は1999年です。

★1999(平成11)年の日本(Wikipediaより抜粋)

◎世相・流行 

・コギャル文化が変質し、ヤマンバと呼ばれるファッションが出現。

・携帯電話・PHSの加入台数が5000万台を突破。携帯電話番号11桁化

・ノストラダムスの予言と世紀末ブーム 「1999年7月に世界が滅亡する」という、1973年の「ノストラダムスの大予言」刊行以来日本で続いてきた世紀末予言ブームの期限だったが、何も起こらなかった。

◎流行語

「ブッチホン」(小渕恵三)、「リベンジ」(松坂大輔)、「雑草魂」(上原浩治)

 

◎できごと

・日本国内のガソリンの店頭レギュラー価格(全国平均)が1ℓ90円の過去最安値を記録。

・10月20日 フジテレビ、人気アニメ「ONE PIECE」が放送開始。

・11月3日 嵐デビュー。

 

◎音楽(オリコン 1998年12月7日付 - 1999年11月29日付 )

・「だんご3兄弟」、「Winter,again」「BE WITH YOU」GLAY、「A」浜崎あゆみ、「ウラBTTB」坂本龍一、「Automatic」「Addicted To You」宇多田ヒカル、「LOVEマシーン」モーニング娘。、「HEAVEN'S DRIVE」L'Arc~en~Ciel、「フラワー」KinKi Kidsなど

 

 ガソリン90円だったんですね?やはり「だんご3兄弟」かしらね?

 

 今日は、朝日新聞終末別冊版「be」に連載している飯間浩明さんの「私のB級言葉図鑑」からです。今回は、12月2日から12月23日の4回分です。

① 「サービス」 無料なのか値引きなのか(12月2日)

生花店の店頭に<サービス花束は店内にあります>と貼り紙があったそうです。

・一般には、見切り品など訳ありの花を「サービス花束」として値引きすることが多い。

・この店でも仏花用の花束を安く売っていた。 

・「サービス」はまぎらわしいことば。無料の場合と値引きの場合がある。

・「1本サービスします」と言えば無料、「出血大サービス」は値引き。

・英語にはもともとどちらの意味もない。英和辞典には「業務」「公益事業」「奉仕」「勤務」・・・などの意味が出ているだけ。

・大正時代あたりから日本語の「奉仕」は値引き・おまけの意味で使われ始めた。奉仕品は「値引き品」。

・「奉仕」は英語の「サービス」に置き換えて、値引き・おまけの意味で使われるようになったのだろう。

・終戦直後が舞台のドラマで、日本人の商人が米兵に「おまけ」と言っても通じず、「サービス」と言ったら通じた場面があった。

 

② 「生」 焼いてあるのにどうして(12月9日)

パン屋さんの看板に<生食パン>と書いてあったそうです。

・生の食パンは、小麦粉をこねただけなのか。ちゃんと焼いてあるのに「生」?

・2008年ごろ「生キャラメル」が人気を呼んだ。

・「生キャラメル」の特徴はとろける食感だったが、「生チョコレート」「生プリン」は?

プリンはもともと生菓子じゃないの?

・「生」は<生クリームをふつうより多く加えたりして、柔らかく仕上げたもの>と説明。(「三省堂国語辞典」)

・「生食パン」には生クリームを含むと明示されたものや製法が非公開の店もある。

 

③ 「偏愛」 何と言われようと大好き(12月16日)

地下鉄のつり広告に<「偏愛投稿」を募集しています>と書いてあったそうです。

・東京メトロと飲食店予約サイトが共同で運営するウエブサイトに、自分の好きな東京の写真などを投稿してほしいというもの。

・「偏愛」はパワーワード(力のある表現)。

・「偏愛」には、よくない語感もある。太宰治「ろまん燈籠」に<祖父は、この次女を偏愛している様子がある>とある。

・2000年代の初め、斎藤孝さん(教育学者)が提唱した「偏愛マップ」に驚嘆したことがある。

・食べ物・音楽など、誰に何と言われようと大好きなものを全て書き出した紙(マップ)を相手と交換して、コミュニケ―ションを深める方法。

・凡人は自分だけの偏った愛情をたっぷり注げるものを見つけることも必要かもしれない。

 

④ 「テカリレス」 英語の接尾語を使って(12月23日)

スキンケアの用品の広告で<うるおって テカリレスナなマット肌へ>というキャッチコピーが目に留まったそうです。

・「テカリレス」は「てかりがない」ということらしい。

・「レス」は「~がない」と言う英語の接尾語。「コードレス」「ボーダーレス」

・1980年代あたりから「根性レス」「羞恥レス」がある。

・英語の接尾語を使った表現に「乙女チック」「アン信じらブル」など。

・美容用語には「毛穴レス」もある。