· 

No弐-998  1998年&ドジっ子看板

 まずは、リメンバー1990年代。今日は1998年です。

★1998(平成10)年の日本(Wikipediaより抜粋)

◎世相 

・Dバブル絶頂期。

◎流行語

・「ハマの大魔神」(佐々木主浩)、「凡人・軍人・変人」(田中真紀子)、「だっちゅーの」(パイレーツ

 

◎できごと

・2月2日 郵便番号の7桁化が開始される。

・2月7日 長野オリンピック開幕。

・5月27日 大相撲・貴乃花と若乃花、史上初の兄弟横綱が誕生。

・7月25日 「和歌山毒物カレー事件」4人が死亡、63人が重軽傷。

・8月22日 夏の甲子園で横浜高校の松坂大輔投手が、史上2人目となる決勝戦でのノーヒットノーランを達成。

◎政治

・内閣総理大臣 7月30日より小渕恵三(自由民主党)。

 

◎音楽(オリコン 集計期間 1997年12月1日付 - 1998年11月30日付)

・「誘惑」「SOUL LOVE」GLAY、「夜空ノムコウ」SMAP、「my graduation」SPEED、「タイミング 〜Timing〜」BLACK BISCUITS、「長い間」Kiroro、「HONEY」L'Arc〜en〜Ciel、「愛されるより 愛したい」「全部だきしめて」KinKi Kids、「Time goes by」Every Little Thingなど。

 

 今日は、先週12月18日(月)の日本経済新聞の「文化」欄にあった「子供を守る『ドジっ子』看板」の見出しが目に留まりました。

 事故を防ぐ看板の写真収集を17年続けている赤沼俊幸さんの記事でした。

・子どもが危険な目に遭っている看板を「ドジっ子看板」と名付け、2006年から写真収集。

★どういう看板が多いのか(7科に分類)

「飛び出し科」「すべる科」「はさむ科」「たべる科」「はいる科」「おぼれる科」「あそぶ科」

 

・最も多いのは「飛び出し科」。車道に子供が飛び出すイラストが描かれている。

・「名古屋式」車が牙をむき、子供を襲うかのような看板。東海圏でよく目にする。愛知県は交通事故者が多い。

・「おぼれる科」コメどころの富山県では、農業用水が多いので、ひし形の看板に溺れる子供と「用水だ!」の文字が大きく書かれた看板がある。

 

★登場する子どもたちの特徴

・性別は8割超が男の子。

・服装はトップスは長袖、半袖が半々程度。ボトムスは半ズボンが4分の3。

・近年はジェンダーの問題もあって女の子が登場する看板も増えている。

・最近目立つのは動物を擬人化したパターン。かわいらしいイラストも多い。

・ソフトに注意喚起する看板が増えているように感じる。時代の流れか。

 

・改めて目を向けてほしい。その場所どんな危険が潜み、子供のどんな行動に気をつければいいのか知ることで、悲しい事故を防ぐことができるはずだ。

 

 いかがですか?見たことありますか?今度見つけてみようっと。