· 

No弐-969  ご当地走り

 11月14日(火)の朝日新聞の記事からです。

・一部の不届きも者による、交通ルールを無視した危険な運転が「ご当地走り」として各地で横行している。

 皆さんは、「ご当地走り」という言葉はご存知でしたか?

 

★茨城ダッシュ

・停止中の車が青信号に変わった瞬間に「猛ダッシュ」で対抗直進車よりも先に右折。

・茨城は、道路総実延長は北海道に次いで全国2位(55656㎞)。

・茨城は、信号機がない横断歩道で歩行者が渡ろうとする場面で一時停止した車(27.6%)。

全国平均(45.1%)より下回る。(JAF全国調査、2023)

 

★名古屋走り

・黄信号で無理に交差点に侵入する。道路変更時にウインカーを出さない。強引に割り込むなど。

・愛知県は、交通事故死者数が18年まで16年連続で全国ワースト。

・名古屋市の道路面積が占める割合は、政令都市で最大の18%。

・直線的で広い道路が多い。

・年間の新車登録台数、保有台数が全国1位。

 

★伊予の早曲がり

・青信号になった瞬間、直進する対向車を遮るように先に右折。

・県内の交通事故の約半数が交差点で発生。

 

★佐賀のよかろうもん運転

・車間距離を詰める、信号を守らない、携帯電話を使う、ウインカーを出さない。

・県内で発生した人身事故の43.1%は追突事故。

 

★松本走り

・強引な右折、ウインカーを出さない。

 

★山梨ルール

・右折車優先、横断歩行者に道を譲らない。

 

★岡山ルール

・歩行者妨害、ウインカーを出さない。

 

 他にも「播磨道交法」(兵庫県)、「阿波の黄走り」(徳島県)などがありました。

 ネーミングの面白さより、こんな運転が増えないことを願うばかりです。