· 

No弐-120 オリンピッククイズ2

 昨日は、久々にこっそり電車に乗って池袋に出かけました。相変わらず人はたくさん出ていましたね。

 久々に「銀座 天龍」の餃子を食べたのですが、店でバイトで働く卒業生に声を掛けられました。この子は私が担任した学年ではなく、リレーや授業のことを覚えていてくれました。うれしいですね。

 帰りに、もう一つのお気に入りの日吉のとんかつ店に寄りました。男子柔道の決勝がテレビで流れていたのですが、私は夢中だったのですが、ほとんどのお客さんは関心がなさそうでした。こんなもんなんでしょうか?

 

 今日もオリンピッククイズを作ってみました。

Q1.  第1回アテネオリンピック(1986)の出場国は何か国だったでしょう?

① 7か国 ②14か国 ③21か国

 

Q2. 第1回アテネオリンピックから現在までずっと続いている競技は何でしょう?

①馬術 ②射撃 ③陸上競技 

 

Q3. 近代オリンピックでかつて実際にあった競技種目は、何でしょう?

①綱引き ②ブーメラン ③パン食い競争 

 

Q4. オリンピックで最多の金メダルを獲得した日本人の選手は誰でしょう?

① 柔道・野村忠宏 ② 競泳・北島康介 ③ 体操・加藤澤男

 

Q5. 世界では最多の金メダル獲得者は、水泳のマイケル・フェルプス(米国)ですが、5大会に出場して何個の金メダルを獲得したでしょう?

① 13個 ② 23個 ④ 33個

 

 昨日の金メダリストの柔道の高藤選手のことを新聞で読みました。

★高藤選手のエピソード

・しぶとさの背景には、銅メダルに終わったリオデジャネイロ五輪の経験が大きい。銅を金に変える。それだけを考えて柔道と向き合った5年間。それは過去の己と戦うことだった。

・派手に勝ちたい欲求を抑え、自分に安定感を求めた。

・「体重さえ落とせば勝てる」と安易に考えていた減量も、聞く耳を持たなかった栄養士の指導を受け、嫌いだった野菜も克服した。

・リオの敗因は精神面の弱さという。試合前のルーティンが遅延行為に当たると警告を受けたことで動揺した。以後、ルーティンを全てなくし、心の制御を課題に己と向き合ってきた。

・本来の動きとは反対方向にかける「逆技」を磨いた。

・二人三脚で夢をかなえた。高校の1学年先輩の伊丹さんはプロの「付き人」を務めた。全ての稽古やトレーニングに同行。乱取りの相手、減量にも一緒に取り組む。対戦相手の研究、審判の特徴まで映像で分析する。

・長男の命名に際し、伊丹さんの一字を拝借した。

 

 あの涙、ステキでしたね。苦労が報われてよかったです。

 

 今日は幕張で19時からテコンドーでした。ソフトボールの勝利に絶叫しました。柔道も叫んじゃいます。

 

Q1. ②14 か国

 第1回アテネ大会(1896)は、欧米先進国の14か国が参加しました。

実施された競技は陸上、水泳、体操、レスリング、フェンシング、射撃、自転車、テニスの8競技43種目でした。

 

Q2.  ③陸上競技

 第1回のアテネ(1986) から現在までずっと続いているのは、「陸上・競泳・体操・フェンシング・自転車競技」の5種目だけだそうです。

 

Q3. ①綱引き

 綱引きは、1900年(パリ)から1920年(アントワープ)までの5大会で正式種目でした。パリでは6人制、ロンドン(1908)から8人制。第1回の覇者は、デンマークとスウェーデンの合同チーム。

 パリオリンピックには、魚釣りや凧揚げなども競技になっていたそうです。

 魚釣りは、2日間セーヌ川で釣った魚の重量で順位を決めました。しかし、地味すぎる競技だったため1回だけの開催となりました

 

Q4. ③体操・加藤澤男さんの金メダル8個 

 加藤さんのことはよく覚えています。メキシコ(1968)で団体総合、個人総合、床運動で3個、ミュンヘン(1972)も団体総合、個人総合、平行棒と3個、モントリオール(1976)では団体総合、平行棒と2個、3大会合計8個の金メダルを獲得し、世界でも7位(夏季)だそうです。

 野村忠宏さんは柔道・男子60g級で、アトランタ(1996)、シドニー(2000)、アテネ(2004)と3大会連続で金メダル。

北島康介さんは、アテネ(2004)で、100m・200m平泳ぎ、北京(2008)でも100m・200m平泳ぎで優勝し、合計4個の金メダルを獲得しました。

 

Q5. ②23個 

 マイケル・フェルプスさんは、5大会連続でオリンピックに出場しました。シドニー(2000)ではメダルを獲得できませんでしたが、アテネ(2004)で6個、北京(2008)で8個、ロンドン(2012)で4個、リオデジャネイロ(2016)で5個、合計23個の金メダルを獲得しました。他に銀メダル3個、銅メダル2個、合計28個のメダルを獲得しています。