· 

No弐-36 城    

 5月1日(土)の日本経済新聞「プラス1」の「何でもランキング」は、「お城クイズ 難問いくつ攻略」でした。

 皆さんは城は好きですか?好きな城はありますか?

 私は城には詳しくないのですが、一緒に挑戦してみませんか?

 

1位 復元された熊本城天守は地上何階建て? ①3階②4階③5階④6階

 

2位 会津若松城の説明で間違っているのは? 

①戊辰戦争で焼失②昭和40年に再建③鶴ヶ城④赤瓦

 

3位 海城といわれないのはどれ? ①今治城②高松城③中津城④島原城

 

4位 五稜郭、函館以外どこにある? ①静岡県②長野県③愛知県④長崎県

 

5位 松江城で正しいのは? 

①世界遺産②祈祷札の発見③黒鷺城④3重4階の天守

 

6位 現在の大阪城天守はいつ再建?①大正6年②大正15年③昭和6年④昭和25年

 

7位 高知城の珍しい防護設備は? 

①忍び返し②逆茂木(さかもぎ)③砲台④障子堀

 

8位 諸大名を動員した築城とは? ①天下普請②外様普請③寄合普請④大名普請

 

9位 国宝指定の天守はいくつ? ①5②8③12④16

 

10位 「天空の城」と呼ばれないのは? 

①竹田城②越前大野城③備中松山城④岩村城

 

 

1位<正答率17.4%>④ 熊本城は屋根が3重で内部が6階、地下1階の構造。屋根は5重に見えるが2重、4重目は庇(ひさし)。

 1607年加藤清正が築城。天守1877年に焼失。1960年に復元。2016年天守以外の建物、石垣損壊。2037年完全復旧の見込み。

 「5階」と答えた人約43%。私もです。熊本城は私が好きな城の一つです。

 

2位<正答率17.4%>① 会津若松城(福島県)別名「鶴ヶ城」の名でも親しまれ、5重5階地下2階の構造。戊辰戦争焼失後、天守は1965年(昭和40年)再建。2011年赤瓦に復元。

 ④「赤瓦」と答えた人が約4割。私もです。何回か行きましたが、印象の強い城です。

 

3位 <正答率19.9%>④ 日本三大海城(うみじろ)今治城(愛媛県)高松城(香川県)中津城(大分県)。島原城(長崎県)は有明海の近くにあるが海城とは呼ばない。 

 

4位<正答率22.7%>② 龍岡城五稜郭(長野県佐久市)函館の五稜郭に比べると小ぶりで、星形の城郭内に小学校がある。(2023年閉校予定)

 ④「長崎県」と答えた人は約56%。私もです。 

 

5位<正答率23.9%>② 松江城天守は2015年に国宝。2012年に「慶長十六年」(1611年)と記された祈祷札2枚が再発見された。別名「千鳥城」。天守は4重5階。鯱(しゃちほこ)は現存する木造のものでは日本最大。

 

6位<正答率25.0%>③ 豊臣秀吉が築いた当時の城はほぼ埋没しており、現在見ることのできる遺構は基本的に江戸時代が築いたもの。1931年(昭和6年)に現在の3代目の天守が完成。

 

7位<正答率26.2%>① 高知城には天守北東側の「石落とし」と呼ばれる攻撃用の開口部の周辺に、何本もの鉄剣を張り巡らせた「忍び返し」が設けられている。

 逆茂木は先端をとがらせた木の枝を外に向けて並べたバリケートのような防御設備。

 障子堀は底を障子のように仕切って、敵を狙い撃ちにする特殊な堀。

 

8位<正答率27.8%>① 普請とは建築工事のこと。江戸幕府が諸大名に割り振って道路整備や河川工事、城郭の建築をさせたのを天下普請という。名古屋城、江戸城、大阪城、二条城、彦根城などが築かれた。小大名にとっては負担が大きかったが、最新の築城技術を学べる利点もあった。

 

9位<正答率29.0%>① 江戸時代かそれ以前に建てられて現代まで保存されている天守は12しかなく「現存12天守」と呼ぶ。いずれも重要文化財。この12の天守のうち姫路城、松本城、犬山城、彦根城、松江城が「国宝5城」。

 

10位<正答率29.5%>④ 標高の高い山岳部にある城は雲の上に浮かんでいるように見える。「雲海の城」「天空の城」世呼ばれ、人気の写真スポットだ。

 竹田城(兵庫県)、越前大野城(福井県)備中松山城(岡山県)などが有名。岩村城(岐阜県)山城跡だが、一般的には雲海の城とは呼ばない。

 竹田城は昨年行ってきましたが、急な崖を下っておりました。

 

 皆さん、いかがでしたか?恥ずかしながら2問しか正解しませんでしたが、海城、山城に行く意欲がぐんと高まりました。