· 

No979 ステキなシャシン   

「ステキ」をカタカナにしてみたので、思い切って「写真」もカタカナにしてみました。感じが変わりますよね?

 今日も週末返上でお仕事でしょうか?お疲れ様です。お昼休みにこんな写真でちょっと癒されてください。

 昨日の朝日新聞朝刊に第81回国際写真サロン受賞した作品が載っていました。

 

 私が気に入った写真は、「審査員特別賞」を受賞した4つの作品です。

 

①「腕白小僧」渡会幸雄さん(日本)

解説「動物をヒューマな視点で捉え、色彩を排除したモノクロームの表現に作品性を感じる。子グマの表情とひっくり返りそうなタイミングがよい。人間の親のように、子に言って聞かせるような場面を想像させる。

 

②「三兄弟」窪田保孝さん(日本)

 解説「三つの服をまじまじと見ると何とも情けない表情に似ている。発見を素直に撮ったのが勝因。動画など、一瞬で移り変わる映像とは異なる写真の面白さが凝縮している」

 

③「日傘をさす女性」ファン・リーさん(フランス) 

解説「モネの名作『散歩・日傘をさす女』を思わせ、優雅な気持ちをもたらす。水面のようなベースを拡張させ、センス良く加工した美意識にひかれる。ドキュメンタリー中心から、違った世界に変化しようとしている写真の時代性を反映したひとつの表現方法だ。」

 

④「静物印象派」モズゴワヤ・ラリサさん(ロシア)

解説「曲面をうまく利用した物撮りのアイデアが光る作品。色もシンプルにまとめて、構成的な絵画のようだが、自然な雰囲気にひかれる。撮影時の工夫が完成度を高めている。」