· 

No959  2月14日

 昨日の地震はけっこう揺れましたが、皆さん大丈夫でしたか?東日本大震災の余震だとか。驚きです。

 今日は、聖バレンタインデ―。先日、近所のデパートに行くと、1階の特設会場に各社のチョコレートがたくさん並んでいました。いろんな種類があるんですね。高級チョコレートの値段にびっくりしました。

 

 「クリスマス」同様、そもそも「聖バレンタインデ―」て何?ということで、調べてみたくなりました。

 イタリアでは、269年当時の兵士には「自由結婚禁止政策」が課せられていました。愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由からだそうです。

 それに反対し、内緒で結婚させたのが、バレンタイン司祭さん。それが時のローマ皇帝に知られてしまい、2月14日に処刑させられてしまいました。

 

 それから2月14日は、キリスト教圏の教会ではバレンタイン司祭に捧げるミサ等が行われましたが、ヨーロッパを始め各地域に広まっていくとともに由来が形を変え、「恋人たちが愛を誓い合う日」になりました。

 

 女性が男性にチョコレートを贈る風習は日本独自のもので、ヨーロッパでは、「愛の日」と呼ばれ、花、ケーキ、カードなどを贈るのが一般的だそうです。

 日本でバレンタインデーにチョコレートを送る風習が定着したのは、1970年代後半でした。

 

 恋人までは行かないが、友人として贈る「義理チョコ」は知っていましたが、同性間で贈り合う「友チョコ」、家族に送る「ファミチョコ」、男性が女性に渡す「逆チョコ」、自分で買って食べる「自己チョコ」「マイチョコ」、他には「ユリチョコ」「ホモチョコ」「社交(シャコ)チョコ」「世話チョコ」「ファンチョコ」なんてあるんですね?

 

 中国では「情人節(チンレンジエ)」と呼ばれ、男性が恋人や妻にバラの花束を贈って祝う記念日。タイも、バラの花を男性が女性に贈る日。メキシコでは男性が好きな女性に愛の歌を贈る日。サウジアラビアでは、バレンタインデーは全面的に禁止しているんだそうです。

 

 こういう行事は、学校でしっかり教えた方がいいと引退してから思うのですが、いかがでしょう。

 

 また、今日は寛政2年2月14日、天然痘の予防接種となる「人痘種痘療法」が初めて成功したので「予防接種記念日」になっています。コロナのワクチンが待ち遠しいです。

 第1回 箱根駅伝は、1920(大正9)年2月14日に開催されました。