· 

No939 タクシー長距離乗車

  今日の朝日新聞朝刊「ニュースQ3」は「横浜→鳥取600キロ タクシー乗車拒めないの?」でした。

 運賃を話題にしてみてはいかがでしょう?1番金額が近いチームにポイントとか。 

 

 乗客は17日(日)午前2時半ごろ、横浜市のJR戸塚駅から乗り、「鳥取砂丘がみたい」「鳥取駅でお金をおろすから」と運転手に伝えた。

 約600キロ、約8時間かけてJR鳥取駅まで走り、運賃は23万6690円だったが、所持金は数百円だった。乗客の女性(40)は、詐欺の疑いで現行犯逮捕された。

 

 こんな依頼を運転手は拒めないのかというのがテーマでした。

 タクシー会社の対応は、日本交通では、「遠距離の場合、乗務員は必ず各営業所の運行管理者と協議し、指示を仰ぐ運用を徹底している」

 帝都自動車交通は、東京都23区、武蔵野市、三鷹市が営業範囲の場合、運航できる距離は365キロ以内、時間は21時間以内としている。上限を超える場合「途中までお送りできるが、その先は他のタクシーに乗ってください、とお伝えする対応もある」

 

 法令では、国土交通省によると、タクシー運転手が正当な理由がなく乗車を拒むことは道路運送法で禁止されている。長距離についても、原則的には拒めば違法となる。

 道路交通法の規則では、過労運転を防ぐため、1日の距離の上限が決められている地域もあるが、対象は一般道のみ。高速道路を使った場合は上限を超えても拒否できない。

 

 一方で、勤務が長時間になる場合は拒否することも可能。標準運送約款では、「申込者から特別な負担を求められたとき」などは拒否できると定められており、乗客が明らかに所持金がない場合や燃料が足りなくなる場合はそれに当たる。

 

 その他のタクシーによる長距離が報じられた例

・2020年12月 高知市→愛知県豊田市

・2017年3月 福島市→青森県弘前市

・2016年10月 埼玉県三郷市→宮城県大河原町

・2016年8月 横浜市西区→愛媛県松山市

・2016年8月 東京都港区→青森県青森市

 

 この運転手さんは若手?年配なのかしら?その後、どうしたでしょうね?車内ではどんな話題をしたんでしょう?

 またこの40歳の女性、夜中に鳥取砂丘に行きたくなるって?思い出の場所なのかしら?想像が広がりますよね。