· 

No923  都道府県の謎1

 今日から仕事初めの方もいらっしゃるのでしょうか?始業式は1月8日(金)が多いようですが、緊急事態再宣言となると、今週も対応に忙しくなりそうですね。ご苦労様です。

 

 今日は朝日新聞別冊beの「都道府県の謎」からです。

 今までもNo840(10月13日)で東京は意外にも村が8村あること、No845(10月18日)で群馬県の運動会には山の名前が使われることが多いこと、No859(11月1日)で岐阜県は「口裂け女」が、No871(11月13日)で大分県が「から揚げ」の発祥の地であること、No894(12月6日)大阪には難読駅名が多いことを紹介しました。

 

 今日は今まで紹介しなかった県を3つクイズにしてみました。

①県公認大使がたくさんいる県はどこでしょう?

②空から宝物が降ってくると言われる県はどこでしょう?

③秋田で全国シェア100%の野菜といえば何でしょう?

①愛知、なぜ県公認のいろいろな「大使」がいるの(10月3日)

 第1号「あいち三河湾釣り大使」(哀川翔)「あいちスポーツ大使」(吉田沙保里)、「あいち広報大使」(戸田恵子)、「あいちワイルド大使」(スギちゃん)、「あいちハイテンション大使」(キンタロー)

・28組、任期2年、ギャラ無償、大使名は自ら考案。

・名古屋市も26組。マジシャンやDJ,書家、舞踏家など多彩な顔触れ

 

②鹿児島、空から「宝物」が降ってくるって(10月31日)

 2009年の桜島の爆発回数548回(前年の19倍)、2011年996回(年間最多)

・鹿児島市では一般的なポリ袋の2倍の厚さ(6L)がある降灰専用の「克灰袋」を状況に応じて市民に配っている。多い年度で約370万袋。

・降灰缶詰 1個100CC、税込み100円。販売総数約8万個

・「桜島灰干し弁当」(鹿児島中央駅駅弁 昨年まで87カ月連続1位)

・「tephra(テフラ)」火山灰を素材に取り入れたアクセサリー

 「鹿児島は空から宝石が降ってくる」 

 

③秋田が全国シェアほぼ100%の野菜とは(11月14日)

・とんぶり 魚の「卵のような外観でプチプチした食感から「畑のキャビア」の別名がある。

・ホウキ草の熟した実。日本へ伝来したのは平安時代。

・現在継続して生産出荷している産地は秋田県大館市のみ、全国シェアほぼ100%、生産量の6割が県外に出荷。

・収穫してもそのまま食べられず、加工は必要。実を乾燥させ、釜で煮て皮をむいて水洗い。

・生、瓶詰、真空パック。

・最盛期1988年約420トン、現在約30トン。

・2017年「大館とんぶり」地域ブランドに登録