· 

No861 文化の日

  今日は文化の日ですね。文化の日は晴れる日が多いと言われてきているそうですが、本当に晴れましたね。先月体育の日がなくなったことを忘れていたので、早速由来を調べてみると、明治天皇の誕生日で、戦後日本国憲法が公布された日で施行された5月3日の憲法記念日とともに祝日になっています。恥ずかしながら私は、文化勲章が授与される日としか意識していませんでした。

 

 かつての日本には「四大節」があり、①四方節 1月1日(元旦) ②紀元節 2月11日(初代天皇の神武天皇の即位日) ③明治節 11月3日(明治天皇の誕生日) ④天長節 その時代における天皇誕生日の4つの祝日があったそうです。

 文化の日は、形式的には日本国憲法の公布日を祝ったものですが、本来の意味としては明治節の考えからきているとは知りませんでした。

 

 他にも今日はゴジラに最初に公開された日(1954年)、帝国ホテルが開業した日(1890年)、手塚治虫の誕生日にちなんで「まんがの日」なんだそうです。

 

 今日は、ららぽーと横浜まで出かけて、映画を2本観てきました。

 9月15日(木)の読売新聞、朝日新聞どちらにも紹介されていた「スパイの妻」は、黒沢清監督がベネチア映画祭で日本人17年ぶりの銀獅子賞を受賞して話題になりました。

 日本が太平洋戦争へと突き進んでいく中で旧満州で恐ろしい機密を知った夫の暗躍のために憲兵隊からスパイの嫌疑をかけられる夫婦の姿が描かれています。あの頃の時代背景がよく伝わりました。

 

 10月15日(木)の読売新聞に紹介されていた「朝が来る」は、河瀨直美監督が辻村深月さんの小説を映画化し、特別養子縁組で男児を迎えた夫婦と、子供を手放す幼い母親の葛藤と人生を描いた作品です。河瀬さんらしい映像美、ドキュメンターな作風が素晴らしいです。おすすめです。

 

 文化の日なのでもう一つ紹介します。近所にある横浜市歴史博物館では「俳優緒方拳とその時代」の企画展が10月29日の朝日新聞朝刊にも紹介されていました。

 緒方拳さんご存知ですか?私は大好きな俳優の一人なのですが、12年前(2008年)にお亡くなりになっています。数多くの台本、自筆の原稿、書簡、写真などを見ることができます。「多彩な趣味人」と評される書、絵画、陶芸が素晴らしいので、ぜひ観にいらしてください。

 12月6日までです。観に来た時は声かけてくださいね。