· 

No852 10 月のがるべる

 まず、昨日の「俗信」で 2 と 11 が同じでしたね。失礼しました。誤字、脱字、こういうミスが多くて恥ずかしいです。「最近の近況」も重言ですよね。

 朝の朝会、机の机上、頭痛が痛い、後ろへバック、色が変色、必ず必要、今の現状、後で後悔、犯罪を犯す、内定が決まる、被害を被る、過半数を超える・・・・子どもに気づかせてみても学びになりすよね?

 

 昨日の「食べてすぐに横になると〇になる。○には何が入るでしょう?」と子どもたちに問いかけたら、どんな答えが返ってくるでしょう?珍回答が楽しみです。

 

 さて昨日の 10 月のがるべるのご参加ありがとうございました。いつもより少なく、15 人の参加でした。昨日は、運動会、七五三、旅行・・・おでかけの方が多かったようです。

 

 近況報告では、大分学校も校外学習、学校行事などに動きが出てきたようです。GoTo トラベルの影響もあって、街も人が多いですよね。第三波が来ないことを祈るばかりです。

 

 専門がるべる前半では、中央区で4年担任のK先生の実践報告「あなたの知らないポスターの世界」でした。K先生が選んだ2枚のポスターを皆さんはご存知でしたか?

 先生自身が目に留まること、インパクトを感じることが大事です。

 ご助言させていただくとしたら、ねらいと評価を意識することが大事です。響き合い道場にするならば、それを視覚化、得点化してあげることです。

 

 後半は、「響き合い道場につなげるために 1枚の広告をヒントに」と言うテーマで前半につなげてみました。JT の広告です。犬猿キジが朝日を眺めている絵です。(これ夕日ではないですよね?)

 余談ですが、絵を描く時に、この絵のように斜め後ろから、横から、後ろ

から描いた経験ありますか?視点を変えてみる経験ってさせておきたいです。

 

 キャッチコピーの「桃太郎はなぜこの三匹を仲間にしたのか?」に私はひっかかったのです。

 書かれてあった「多様性・ケミストリー」かもしれません。陰陽五行説と干支という説が正しいのかもしれませんが、大事なことは、自分なりの考えを持って、人の意見を聴いて交流することで、話し合う意欲や価値が高まることなんだと思います。

 

 この絵を使って「違うから、人は人を想う」をテーマに道徳の授業も考えられそうですね。

 

 この広告をきっかけに芥川の「桃太郎」とも出会い、個人的には楽しめました。次は「猿蟹合戦」、尾崎紅葉の「桃太郎」を読んでみたいです。 

 

 オンライン懇親会は、4人の参加でまだハードルが高そうですが、いい方向に進めていけたらと考えています。支えてくれるY先生に感謝です。