· 

No845 群馬県の運動会

 昨日は、ご家庭でも都道府県魅力ランキングのことが話題になりましたか?私も何人かの先生と交流してみると、出身地・地元愛があることが分かりました。

 私は、城下町・港町に魅力を感じています。城下町なら金沢、松本、萩が好きです。港町なら、横浜、神戸、函館、長崎でしょうか?歓楽街なら中洲、武庫川が流れる宝塚、鴨川が流れる京都もいいですね。

 

 さて、今日はいい天気で、まさに運動会日和ですね。コロナの影響で、10月中旬に実施する学校も多いようですが、熱中症対策もなくて済むのがいいですね。 

 

 昨日の朝日新聞週末別冊beの「47都道府県の謎」は群馬県でした。昨日の魅力度ランキングでは、40位でしたが、群馬県出身の方はいらっしゃいますか?

 私は、群馬県というと頭に浮かぶのは、温泉です。草津、伊香保、四万、万座、水上、磯部、猿ヶ京・・・

 

 今回の謎は、群馬県と運動会との関連でした。初めて聞いたので新鮮でした。

・安中市ふるさと学習館が2009年に県内の383小学校から回答を得た運動会のチーム名のアンケートで、赤城山が68.1%、榛名山が64.8%、妙義山が61.0%を占めた。そのほか、浅間山や日光白根山などもあった。

 私は、榛名山、妙義山、浅間山の形が好きです。

 

 なぜ群馬は小学校の運動会のチームに山の名前を付けるのか?(山口幸男・群馬大名誉教授の話)

①地形的条件 関東平野が中心地域に向かって鋭く延び、上毛三山を望みやすい地形。

 

②歴史的条件 昭和初期からの使用がやや多いが、この頃は昭和農業恐慌で農村が疲弊。そんな村を精神的に立て直そうと郷土教育に特別予算が当てられ、運動会のチーム名も郷土化がなされた。

 

 紅白か赤白青の3色の運動会しか経験がないので、ネーミングの工夫も面白そうですね?

 最後にクイズです。海岸線も持たない「内陸県」は8県あります。全て言えますか?明日の「授業のまくら」にいかがでしょう?

 

 群馬、栃木、埼玉、山梨、長野、岐阜、滋賀、奈良