· 

No777  シャーリーズ・セロン

 777号になりました。777(スリーセブン) は縁起の良い数字、特にパチンコ・スロット・パチスロでは大当たりの数字とされています。

 「男はつらいよ」全(50)作鑑賞制覇した後、次にはまったのがシャーリーズ・セロンでした。昨日で全(41)作鑑賞したので、記念すべきこの777号で紹介したいと思います。

  

 シャーリーズ・セロンは、南アフリカ出身の45歳、長身(177cm)のハリウッドのトップ女優です。

 幼いころから父親のアルコール依存症に悩まされ、15歳の時に母親が父親を銃で射殺する悲劇が起きています。

 16歳の時に地方のモデルコンテストで優勝。翌年、バレエ学校で学ぶために母親とアメリカ合衆国・ニューヨークへ移住しますが、不運にも膝の怪我で夢を断念します。

 1996年に「2 days 」で映画デビューを果たし、2003年の「モンスター」でアカデミー主演女優賞、ベルリン国際映画祭銀熊賞、ゴールデングローブ賞主演女優賞などを受賞しました。

 実在した元娼婦の連続殺人犯を演じ、14kgも増量し、飼っていた愛犬まで逃げ出したというエピソードがあるほどです。美人の女優がこんな役までできてしまうことに感心し、全作観たくなるきっかけになりました。

 ドラマやサスペンス、アクションなど、様々なジャンルの作品に出演し、演技派女優としての地位を築きました。

 

 私のおススメは、「サイダーハウス・ルール」(1999)、「ザ・ダイバー」(2000)、「スウィート・ノベンバー」(2001)、「ミニミニ大作戦」(2003)、「トリコロールに燃えて」(2004)、「ダーク・プレイス」(2015)、「ワイルド・スピード ICE BREAK」(2017)、「タリーと私の秘密の時間」(2018) などです。

 

 8歳と5歳の養子を育てるシングルマザーでもあるのですが、彼女の幅広い演技に益々注目です。