· 

No767  勝負メシ

 今日は藤井新棋聖の勝負メシに注目しました。珍しく、7月22日(水)のスポーツニッポン新聞からです。

 棋聖になって益々注目度が増している藤井さん。対局中の昼食に何を食べるのかも関心の的になっています。皆さんには「勝負メシ」ってありますか?

 

 藤井さんが今年食べたメニューでは肉料理が多く、中でも豚肉が圧倒的で32局中13局食べているそうです。約40%です。戦績は12勝1敗。 

「珍豚美人(ちんとんしゃん)」という弁当を今年2回食べていますが、調べてみると、関西将棋会館にある洋食店「11(イレブン)」のサービスランチ(900円)で、山形県産の豚の天ぷらに自家製のゴマだれがかかっているそうです。

 他には、豚キムチ、豚と厚揚げ玉子とじ、豚の甘辛スタミナ焼き、豚生姜焼き、豚しゃぶ、冷豚しゃぶサラダ(敗)など。

 

 管理栄養士の話では、「豚肉に含まれているビタミンB1は、炭水化物が多く含まれている糖質をエネルギーに変える際に必要で、疲労回復の効果があるんです。将棋は体力を使うので、エネルギー代謝をスムーズにさせるという点でも理にかなっているんです」

 

 豚肉以外では、牛肉は4勝0敗、鶏肉は1勝2敗で「親子丼と冷うどん」の時なぜか2回負けていました。

 

 また麺類も好きで、うどんは5勝2敗、その他の麺は4勝0敗でした。

 管理栄養士の話では「(うどんは)脳が早く活性化するという長所があります。でも単体で食べると血糖値の乱高下が起こり、一時的に脳が活性化しても眠気や頭痛によりパフォーマンスを低下させる恐れがある。(しかし、藤井さんは)うどんとおかずを組み合わせて食べているんです。糖をゆっくり吸収させていくという重要な手をしっかり打っています。」

 

 昼食は「野菜や肉、魚を中心に、炭水化物を少なめにすると、午後まで集中力が持続しやすい」そうです。皆さんの今日の昼食はいかがでしたか?