· 

No743 学校現場情報14

  先週7月2日(木)の毎日新聞朝刊からです。「新しい学び 手さぐり」という見出しでした。先月の各地の学校の様子が紹介されていました。

 

・登下校時 距離を空けられるように天候に関係なく傘をさす。

 

・掃除 教室を4つのエリアに分け、自分の担当エリアのみ掃除する。

 

・給食 配膳は別室。4、5人ずつで取りに行く。食事中は、前を向いて、黙って食べる。おかわりはマスク着用。北九州市はおかずは1品。

 

・休み時間 運動場で遊べるのは1年生の1クラスのみ。遊具禁止。相手に触れない。マスク着用。鬼ごっこ、ボール遊び禁止。大人数で遊ばない。など7つの「やくそく」

 

・休み時間(教室) 大声を出さない。自席で一人でできることをする。

 

・4、5年生のクラスは児童数を10人程度減らすため、4クラスから5クラスに編成。

 

・全中学校 フェースシールド着用(愛知県みなみ市)。英会話、ペアワーク、教員が近距離で生徒に指導する場合に着用。休み時間も話すときに自主的に着用する児童も。

 体育祭、文化祭中止、代替行事検討中。

 

・自宅学習も選べる「選択登校制」の導入(大阪府寝屋川市)。授業の様子は「スカイプ」でライブ配信。現在利用者12人。

 

  参考にしたい実践はありますか?これが感染予防と授業の両立なのでしょうか?