· 

No674  学校現場情報5  

新学期情報を4回にわたってお伝えしてきましたが、引き続き、学校現場情報5としてお伝えします。

 ある知事さんの発言から9月入学案が浮上し、テレビでは、あたかも始まるかのような報道ばかりですが、皆さんは賛成ですか?

 

 今日の朝のニュースでは、日刊スポーツの緊急アンケートでは、反対が55%で、賛成の41%を上回りました。特に10代以下では反対が77%でした。年代が上がるにつれて賛成が増えていくという結果でした。

 9月にコロナ禍が収まっている保証がない中での制度変更には疑問を感じます。グローバルスタンダードに合わせ、国際化をすすめる機会なら、コロナが終息してから本腰入れて取り組むべきで性急すぎると思うのですが、いかがでしょう。

 

 昨日の読売新聞朝刊には、学習の遅れを取り戻す方法として、最多が夏休みの短縮(52%)ですが、エアコン設置率は、78%。3密の心配があります。

茨城県は、夏休みはお盆期間4日間を検討中。

 

 続いて修学旅行などの学校行事の縮小(49%)です。運動会、遠足・社会科見学、学芸会・合唱コンクールに影響が出そうです。

 

 さらに、土曜授業の実施・拡充(28%)、平日の授業時間数の増加、15分授業の増加、日曜・祝日の授業実施と続きます。

 京都市は、授業時間を5分短くすることで、1日1コマ授業を増やすことを検討中。

 島根県では、始業前に「0時限」放課後に「8時限」を設ける8時間授業を検討中。

 

 再開時期を決めているのは3割で、最多が5月7日(16)、5月11日(9)、6月1日(9)これも宣言延長となればまた変わるでしょう。