· 

No660  家庭学習状況

 生協が週1回食材を届けに来てくれるのですが、直接手渡しをやめることになりました。完全防護服で対応したり、配達員にスプレーをかける人もいるそうです。コロナのゆがみはこんなところにも出ているのですね。

 

 さて、昨日の読売新聞朝刊の「新聞@スクール」には、ベネッセが行った家庭学習状況調査の結果が載っていました。

 対象は小学4年~6年、3月20日、28日、4月3日の3回実施、618人回答。

 「勉強している」割合は、86.7%(3月20日)、81.6%(3月28日)、74.6%(4月3日)で減少しているのが分かります。

 

 「学習のペースが作れない」割合は、41.7%(3月20日)、50.8%(4月3日)で増加しています。

 

 「今後の学習習慣が取り戻せるか不安」割合は、47.9%(3月20日)、61.8%(4月3日)で増加しています。

 春休みは、夏休みや冬休みと違い課題がないため、こんなに勉強する習慣があったかは疑問ですが、本を読んだり、自分が好きなことを探究したりする経験不足から、何をしたらよいかわわからず不安が高まっているのだと思います。

 

 今日の朝日新聞朝刊の「時時刻刻」の見出しは、「休校 自治体に学習格差」でした。

 授業の動画配信などに積極的な自治体がある一方で、教科書すら配られていない地域もあるそうです。

 横浜市は、教諭らが作った130本の動画を配信しています。

 

 大阪市では、算数、数学、英語の動画を2日間ユーチューブで配信します。

 

 岐阜県では、全県立高校と特別支援ガッコ王でオンライン授業を20日から始めます。自宅にWiFi環境がない生徒には授業を録画したDVDを貸し出すそうです。

 

 名古屋市では、家庭学習用のプリントをウェブで公開します。自宅で印刷したり、学校に取りに来てもらったりするそうです。

 

 福岡市では、教科書が配られておらず、配付は5月7日以降。180本の学習支援動画配信。

  

 「現場では、文科省の姿勢に対する不満が渦巻いている」と書かれてありましたが、実際そうですか?

 堀田教授(東北大大学院・教育工学)は「できるところから始めて、できない所をどう補うかの工夫が問われている。」と述べていますが、私もそう思います。