· 

No620 手

 学校は休校でも年度末は忙しいことでしょう。読売新聞に連載されている「ことばの宝箱」は、今月は「手」がテーマでした。手がつく熟語や慣用句どのくらい思いつきますか?

 

・上手 「かみて」客席から見て右手、「じょうず」うまくできること、「うわて」人より優れていること、強そうにすること

・下手 「しもて」客席から見て左手、「へた」うまくできないこと、「したて」へりくだること 

 

・手が離せない、手がふさがる していることがあって他のことができない。

・その手は食わない そんなやり方に引っかからない

・手を貸す 仕事を手伝う

・手に余る 自分でできる範囲を超えて処理しきれない

・あの手この手、手を替え品を替え いろいろなやり方

・手に取る はっきりわかるさま

・ぬれ手であわ 苦労せず利益を得ること

・手に汗を握る 物事を見聞きしながら、はらはらする

 

 他にもけっこうたくさんあるんですよ。一部を紹介します。

手が届く、手がすく、手が入る、手が切れる、手が離れる、手が焼ける、手が掛かる、手が早い、手が塞がる、手が要る、手が回る、手が空く、手が無い、手がこむ、手が出ない、手が悪い、手が後ろに回る、手が足りない、手は見せぬ、手に入る、手に余る、手に掛かる、手にする、手に渡る、手に手を取る、手に付かない、手に乗る、手に負えない、手も無く、手も足も出ない、手を染める、手を焼く、手を休める、手を出す、手を通す、手を切る、手を打つ、手を施す、手を煩わす、手を合わせる、手を携える、手を回す、手を下す、手を汚す、手を抜く、手を尽くす、手を結ぶ、手を上げる、手を広げる、手を加える、手を引く、手をこまねく、手を束ねる、手を延ばす、手を組む、手を緩める、手を入れる、手を下す、手を借りる、手を握る、手を付ける、手を指しのべる、手足を伸ばす、手の施しようがない、手の内を明かす、手ぐすね引く、手癖が悪い、手心を加える、手玉に取る、手の裏を返す、手回しがいい、王手をかける、お手の物、片手落ち、大手を振って、引く手あまた、押しの一手、痒い所に手が届く、火の手が上がる、猫の手も借りたい、手綱を締める、手八丁口八丁、手中に収める、手塩に掛ける、手心を加える、手間隙いらず、諸手を挙げて、手取り足取り・・・・

 

 臨時休校中の退屈している子ども達に課題として与えてみたいですね。