· 

No604 どこまでが東京

 2月18日(火)の朝日新聞朝刊の「ニュースQ3」の見出しは、「茨城空港は『東京北空港』?どこまでが東京」でした。

 

 茨城空港の愛称を「東京北空港」、「東京茨城空港」にしてはどうかという提案が県議からあり、知事は有識者会議に諮(はか)り、年度内に判断し、結論によっては東京五輪までに新しい名称を決めるそうです。

抜粋してみました。

・そもそも空港の正式名称は、「百里飛行場」で茨城空港も愛称。

 

・訪日客に「東京」は分かりやすく、茨城と中国・上海などを結ぶ春秋航空は中国語の予約サイトで「茨城(近東京)」と表記。

 

・英国でも「ロンドン」を冠した空港は6つあり、郊外の空港が含まれる。

 

・改称しても利用者はおのずと茨城であることが分かるだろうから、景表法違反にはならず、許与範囲内の誇大広告と見る。しかし、茨城空港は東京からも遠いし、特に訪日客は違和感があるだろうし、適切ではない表示だと思う。(弁護士)

 

・成田空港も開港時の正式名は「新東京国際空港」だったが、2004年、成田空港の呼び方が定着したこともあり、民営化に合わせて正式名も「成田国際空港」に変えた。

 

・東京周辺を含めて「東京圏」と呼ぶこともある。国交省の首都圏白書では、埼玉、千葉、東京、神奈川。地価公示では、東京、神奈川のほぼ全域、千葉、埼玉、茨城の一部(県南部の市町)。いずれも茨城空港がある小美玉市は含まれていない。

 

 他にも、東京ディズニーランド(千葉県浦安市)、東京ドイツ村(千葉県袖ケ浦市)、東京サバゲパーク(千葉県印西市)、東京基督教大学(千葉県印西市)、東京歯科大学(千葉県千葉市)東京国際大学(埼玉県川越市)などがあります。

 私も違和感がりますが、皆さんはどうですか?