· 

No592  鼻

 足柄SAにいます。これから箱根仙石原に向かいます。

2月5日(水)読売新聞朝刊の「ことばの宝箱」は「鼻」についてでした。

 鼻のつく熟語、慣用句、ことわざ何が思い浮かびますか?

 

・「鼻がきく」 においを嗅ぎ分けること、秘密などを敏感に探り当てること

 

・「鼻息が荒い」 意気込んでいる様子

 

・「鼻を突く」 強いにおいに鼻が刺激されること

 

・「鼻が高い」 自慢に思うこと

 

・「鼻っ柱が強い」 人に負けまいと強気なことを表すこと

 

・「鼻にかける」 得意げに自慢すること

 

・「鼻持ちならない」 言動がいやみで我慢できない

 

・「木で鼻をくくる」 そっけなく、冷たい態度を取ること

 これ問題にできそうですね。木で〇をくくるとか、意味を考えさせても面白いかもしれませんね。

 

 他には、「目鼻を付ける 」大体の見通しが立つようにする、「鼻を鳴らす」鼻にかかった声を出す、「鼻であしらう」相手の言葉を問題とせず、冷淡に応対する、「鼻で笑う」相手を見下してふんと笑う、「鼻に付く」うっとうしくていやな感じがする、どうも気に入らない、「鼻の下が長い」女に甘い、「鼻を明かす」出しぬいて人をあっと言わせる、「鼻を折る」出しぬいて人をあっと言わせる、「目糞鼻糞を笑う」自分の欠点には気がつかないで、他人の欠点をあざわらう、「鼻を打つ」臭気が鼻を刺激する、「鼻を欠く」多くの犠牲を払う、「鼻を突き合わせる」きわめて近く寄り合う、「鼻っ柱をへし折る」相手の自信や高慢をくじく、「小鼻を膨らます」不満そうな様子をするさま、「鼻先で笑う」相手を見下して笑う、「鼻血も出ない」金を使い切って一文たりともない

 

 月曜日に班で鼻のつく言葉を出し合って例文大賞なんかしてみてはいかがでしょう?