· 

No581 教育情報1

 今日は、今月の読売新聞朝刊の「学ぶ 育む」のコーナーにあった教育の情報をまとめて紹介します。

 

①「私大授業料 平均90万円超す 初年度分7年連続上昇 過去最高に 2018年度」(1月9日 木)

 最も高かったのは歯学部322万5206円、最も安かったのは神・仏教学部73万658円

 入学金平均24万9985円、施設設備金18万1902円、初年度納付金平均133万6033円

 自分の時を覚えていますか?

 

②「私立校の幼小中高 初年度納付額微増」(1月18日 土)

 幼稚園38万8690円、小学校81万9748円、中学校79万6193円、高校73万6677円

 

③「公立校の女性管理職 最高更新 6年連続 人数割合ともに」(1月11日 土)

 2019年度の公立女性管理職は、1万2808人(18.6%)638人増。

 校長5046人(6%増)、教頭・副校長7762人(27%増)

 

④日本語指導が必要とされた児童生徒数(2018)5万1126人(1月11日 土)

  外国籍4万755人、日本国籍1万371人

 ポルトガル語25.5%、中国語23.8%、フィリピン語19.4%、

放課後補習を受けている児童生徒79.5%

 

 群馬県の大泉町立に通う児童 約3000人の2割が外国籍、特にブラジル人が多い。

 大阪市立南小学校児童の半数が外国籍のルーツを持つ。