· 

No578  ウルトラ怪獣

 1月20日(月)の朝日新聞朝刊の「文化の扉」は「ウルトラ怪獣 2020を憂う」でした。

 前回の東京五輪から2年後に円谷特技プロダクション制作の特撮テレビドラマ・ウルトラシリーズ(空想特撮シリーズ)が始まりました。

 

 「ウルトラQ」は、ウルトラシリーズの第1作で、1966年1月から7月まで、TBS系列で毎週日曜19:00 から全27話が放送されました。小学校2年生でした。鉄人28号同様第1作を楽しみにしていたのを覚えています。オープニングと石坂浩二のナレーターも印象に残っています。

 番組名は、「アンバランス」の予定でしたが、東京五輪の体操で流行語になった「ウルトラC」をもじって変更され、Qは、クエスチョン=謎の意味です。

 

 誘拐怪人ケムール人 2020年のケムール星から1960年代の地球を来訪した異星人です。医学の驚異的な発達で、500歳という長寿を保てるようになったのですが、歳月とともに進行する肉体の衰えを防ぐため、若い地球人を誘拐するという話です。あら、今年2020年じゃないですか?

 

 コイン怪獣カネゴン ガキ大将の加根田金男が、偶然見つけた30円くらいの硬貨の音がする不思議な繭に引き込まれ、数時間かけて変身してしまいます。外見は、がま口と妊婦からデザインされ、紙幣や硬貨を主食とし、常に食べ続けていないと死んでしまうという人気のあった怪獣です。

 

 棲星怪獣ジャミラ 「ウルトラマン」に登場しました。元々は、宇宙飛行士で、事故に遭って水のない惑星に不時着し、救助を待つ間に体が変化した怪獣です。国際批判を恐れて事実を隠蔽し、救助を出さずに自分を見捨てた母国に復讐するため、宇宙船に乗って地球に帰還します。

 

 宇宙忍者バルタン星人 セミに似た顔、ザリガニのような大きなハサミ状の両手を持ち、ウルトラ戦士の最大のライバルとして、人気を博しました。バルタン星が発狂した科学者の行った核実験で壊滅してしまい、宇宙船で旅行中だった20億3,000万人のバルタン星人が故郷を失い難民となり、やがて発見した地球で宇宙船を修理しようと飛来し、地球侵略を開始します。

 

 新聞に紹介されていたその他の怪獣

①文明や開発の警鐘 冷凍怪獣ペギラ、古代怪獣ゴメス、人工生命M1号、

どくろ怪獣レッドキング

②欲望や社会のひずみ 二次元怪獣カヴァドン、伝説怪獣ウー

③凶悪な侵略者 隕石怪獣ガラモン、宇宙恐竜ゼットン、三面怪人ダダ、

宇宙怪獣エレキング、幻覚宇宙人メトロン星人、宇宙ロボットキングジョー