· 

No562  交通事故

 1月7日(火)の読売新聞朝刊の「交通事故死 最少3215人」という見出しが目に留まりました。

 昨年の前項の交通事故死者は3215人で、3年連続で最少を更新した記事です。警視庁では、車の安全性の向上や街頭での取り締まりの強化が要因と見ています。

 

 都道府県別では千葉がワースト1位になったそうです。なぜなんでしょう?

 2位は愛知。それまでは、16年連続で1位だったそうです。3位は北海道、4位は兵庫、5位は東京、6位は神奈川でした。

 逆に最も少なかったのが、山梨と島根。その次が、石川、福井、鳥取でした。

 

 人口10万に当たりで比べると最多は5.57人の徳島で、最低が0.96人の東京でした。

 

 交通事故の死者は1970年が過去最高で16765人でしたから大分少なくなりましたよね。

 

 もう一つ気になったのは、65歳以上の死者は1782人で全体に占める割合は55.4%で過去2番目高かったそうです。大分近づいてきましたから、気をつけたいと思います。