· 

No526 社会のポイント2

 遅くなりました。昨日の社会のポイントは自然災害の必修化でしたが、今日は、政治の役割の記述の拡充について11月28日(木)の記事からです。

 

 現行の6年の学習指導要領で①歴史②政治③国際理解の記載順を

①政治②歴史③国際理解の順に変更すると書かれてありました。

 多くの学校では最初の扱う歴史に長い時間を割いており、政治などの学習が手薄になっているという指摘は私の現役のころからも言われていました。

 2013年の国立教育政策研究所の6年生3000人の調査では、政治に関心があるのは4割だったそうです。

 

 日本国憲法から学ぶ構成は面白いのでしょうか?やはり現行通り、歴史の中で第2次世界大戦に触れた後で、日本国憲法を学ぶ方が自然の流れだと思いますが。

 

 教科書会社も政治参加への関心を高めるために、高校生の参院選の投票の写真や子ども議会なども紹介しています。

 

 4年で県内の特色ある地域を学習する際、国際交流に取り組んでいる地域を取り上げます。 

 自動車部品工場で働く外国人、スポーツの国際大会での交流を紹介します。

 

 領土に対する関心って高まっているのでしょうか?北方領土、竹島、尖閣諸島を日本国有の領土と記載しているそうですが、大丈夫なのでしょうか?