· 

No483 裏方

ラグビーロスになっていませんか?先日のラグビー南アフリカ戦の読売新聞朝刊では、「通訳、栄養士・・・桜の支え」という記事が載っていました。

 

 通訳 佐藤秀典さん(38)

「指揮官の思いを正確に伝えるため、言葉に自分の感情が入らないように心がけている」

 経歴 トップリーグ・キャノンで通訳、エディー・ジョーンズ前HC通訳

 本職 ヘビーメタルバンドのボーカル

 

 栄養士 村野あずささん(47)

 日本代表のホテルには毎食、ビュッフェ方式で50~60種類の料理が並ぶ。

 日頃の食事の写真を見ながら助言 プロテイン摂取を指導 ホテル側に献立を細かく注文 試合前に出す定番「おはぎ」 ここぞという時のラムチョップ 合宿は1日6000キロカロリー

 経歴 食品大手の「明治」の管理栄養士

 

 ヘッドトレーナー 井沢秀典さん(48) あれ?通訳と同じ名前?

 負傷者に応急処置 リハビリメニュー 緊張で眠れない選手がいれば、とことん雑談に付き合う。

 

 アナリスト 浜野俊平さん(25)

 対戦相手と攻撃傾向や弱点を調べ上げる。ドローン操縦士でもある。

 契機 上智大学ラグビー部時代、日本代表のアナリストと知り合う。

 

 裏方さんは他にもたくさんいます。強いチームには、必ずこういった優れた裏方さんがいます。学校の職場にももっと欲しいですね。

 

 目的に向かってみんなが一つになるって素敵ですね。一歩間違えばいじめにもなりますが、子どもたちには、1回はこういう経験をさせたいですよね。