· 

No409   昭和の夏の風物詩  

昨日の朝日新聞朝刊の瀬戸内寂聴さんの連載「残された日々」の「50 暑い夏」を読みました。

 今年の夏の異常な暑さに、毎日、文句を言う元気さえなくなって、防虫剤を全身に浴びた虫のように、息も絶え絶えに、ひたすら、だらりと横になっている。何を読んでも頭に入らず、気が付いたら、生きてきた過去の夏の思い出ばかりをたどっている。

  私も同じ気分です。文豪道場の名文ストックカードにキープです。

 

   寂聴さんは、夏の思い出に 金魚売り、床几、行水、線香花火、蚊帳とあります。

 

   夏の風物詩を調べてみるとこんな50個が見つかりました。

1 朝顔 2 鵜飼い 3 打ち水 4 団扇(うちわ) 5 うなぎ 6 枝豆 7 送り火、迎え火 8 お盆 9 海水浴 10 かき氷 11 蚊取り線香 12 カブトムシ 

13 蚊帳(かや) 14 行水(ぎょうずい) 15 金魚、金魚すくい 16 高校野球 

17 スイカ 18 簾(すだれ)   19 蝉時雨(せみしぐれ) 20 扇子(せんす) 

21 扇風機 22 そうめん 23 大文字焼き24 七夕 25 梅雨明け 

26 燈花会(とうかえ) 27 トウモロコシ 28 ところてん29 夏祭り 30 夏休み 31 逃げ水 32 入道雲(にゅうどうぐも) 33 納涼床  34 花火、花火大会 

35 ビアガーデン 36 ひまわり 37 冷やし中華 38 風鈴 39 プール 

40 糸瓜(へちま) 41 蛍 42 盆踊り 43 麦茶、麦湯 44 麦わら帽子

45 屋形船(やかたぶね) 46 夕涼み 47 夕立ち 48 浴衣 49 ラジオ体操 50 ラムネ

    皆さんなら何番を選びますか?

 

   私は、まず13の蚊帳。山梨の田舎に行くと、寝る時は、蚊帳の中に入るのが嫌いでした。

   12、19のカブトムシやクワガタ、セミを公園に捕まえに行くのですが、2,3日すると虫籠の中で死んでました。

   10のかき氷は、手動のを買って、シロップをかけて食べました。

   11の蚊には悩まされ、山梨から帰ると体中が痛痒くて、ボツボツで恥ずかしかったです。でもあれはきっと蚊ではなかったのでしょう。

    14の行水は、木製のたらいの中で遊びました。

    17、27の縁側で良く食べたのが、スイカ、トマト、トウモロコシでした。

   21の扇風機の羽に向かってよくあーーっつと声をかけました。映画「ALWAYS」にもそのシーンが確かありました。

    39、49のプールとラジオ体操は皆勤賞でした。

    43の麦茶は、なぜか昔は砂糖を入れたのです。

 昭和がよみがえってきます。