· 

No408  暑い夏

 連日暑い日が続いていますが、体調は崩されていませんか。

   今年は梅雨明けが遅く、夏らしくないと思いきや、そうは甘くありませんでした。

    最高気温によって気象用語も違ってきます。ご存知の通り、

    夏日  最高気温が25℃以上  

    真夏日 最高気温が30℃以上  

    猛暑日 最高気温が35℃以上  酷暑日は、猛暑日と同じでマスコミが作った用語です。 

 この猛暑日は、2007年に気象庁が使い始めた気象用語です。

    熱帯夜 最低気温が25度以上  超熱帯夜は、最低気温が30度以上でこれもマスコミが作った用語です。

 

   最高気温の歴代1位は、2018年7月23日の埼玉県熊谷市で、41.1℃でした。

   ちなみに世界の歴代1位は、1913年7月10日のアメリカ・デスバレーの56.7℃でした。

 

   ここ10年の猛暑日が1位の場所と横浜の猛暑日と真夏日を調べてみました。

  2019年現在13日 栃木県佐野、群馬県桐生、伊勢崎、埼玉県熊谷、鳩山、岐阜県多治見    横浜猛暑日0日 真夏日22日  えっ、まだ猛暑日0だったの?

 

   2018年 44日 福岡県久留米、大分県日田 横浜猛暑日7日 真夏日61日

 

   2017年 25日 大分県日田 横浜猛暑日2日 真夏日48日

 

   2016年 38日 大分県日田 横浜猛暑日1日 真夏日54日 日田ってすごいですね。

 

   2015年 29日 群馬県館林  横浜猛暑日2日 真夏日40日 館林もすごい。

 

   2014年 23日 群馬県館林 横浜猛暑日1日 真夏日44日 

 

   2013年 38日 大分県日田  横浜猛暑日4日 真夏日56日 

 

   2012年 32日 群馬県館林、埼玉県熊谷、鳩山、兵庫県豊岡 

   横浜猛暑日0日 真夏日60日

 

   2011年 30日 群馬県館林  横浜猛暑日1日 真夏日64日

 

   2010年 41日 群馬県館林、埼玉県熊谷  横浜猛暑日6日 真夏日68日 

 

   昨年の2018年と2010年(平成22年)が特に暑かったんですね。

 覚えていますか?