· 

No378  大人になるまで

 昨日の読売新聞朝刊に子どもが大人になるまでの様々な興味深いデータが載っていました。

 

①学童保育

 2万5328か所(2018) 20年前から2.6倍増加しています。

 123万人 待機児童が1万7279人もいるそうです。

 

②学習支援事業

 小学生(1~3年生7%、4~6年生21%)中学生(1~2年生34%、3年生31%)

 高校生(1~2年生5%、3年生1%) 中学生の需要が大きいですね。

 

③子ども食堂 

 3718か所(2019)この1年で6割増加しています。

 

④16年間の学費

 小中高大全て公立だと730万円、全て私立だと2170万円。3倍もかかるのですね。

 公立と私立を比較すると小学校193万円、916万円(4.7倍)、中学校143万円、398万円(2.8倍)、高校135万円、311万円(2.3倍)、大学259万円、545万円(2.1倍)

 

⑤大学生の年間収入・仕送り

 1996年度206万5500円、2016年度196万5900円、10万も少なくなっています。

 家庭からの仕送りが76%から60%に少なくなっています。

 奨学金制度も2017年度では学生の4割近くが利用しているそうです。

 

⑥いじめ認知件件数・不登校件数

 小中高41万4000件(2017)過去最高、小学校31万7000件、中学校8万件

 

 不登校 小中14万4000人(2017)

 

 子育ても大変ということですね。