· 

No326  運動会の見直し

  前任校の運動会に行ってきました。例年6月中旬に行っていたのですが、今年は、初めて5月中旬に実施しました。

 十連休があり、その後2週間しか準備期間がないのですから、大変だったろうなと想像がつきます。

 働き方改革を進めていく中で、「行事の見直し」は大切です。運動会も見直す余地はたくさんあると思います。

 

   ネットの情報では、まず午前開催の学校が増えているそうです。

   理由は、長時間屋外にいることによる熱中症になるおそれ、学習時間を確保するための練習時間を縮小、保護者のお弁当作りや場所取りの負担軽減・・・

   今まで通りのことを行っていても「働き方改革」につながらないと思います。思い切った改革をしないと。改革には、痛みが伴うのです。

 

   私が考える運動会改革試案

①午前中実施 12時半終了、1時下校

 

②開始時刻を早める 8時半開始

 

③開会式・閉会式、入退場なし

 

④準備運動・整理運動なし(種目前に準備運動指導)

 

⑤演技の入退場 走って演技位置・待機位置につく。走って退場。(入退場門なし)待機をしていると他の学年の演技が見れないのは良くない。

 集合・入退場にかける労力・時間を短縮してはどうでしょう。

 

⑥走・団体・表現(ダンス)の3種目を行うのが定番ですが、ほとんど表現(ダンス)の練習にウエイトがかかっていませんか?

 しかし、子どもにとっては、走ることが得意な子、苦手な子、ダンスが得意な子、苦手な子、様々ですから、同じくらいの練習量を確保すべきです。

 

⑦表現(ダンス)は、毎年考えるのは大変です。そこで廃止する。全校種目にする。外部の指導者(インストラクター、卒業生、ダンス部学生)から年間通して指導してもらう。観客を巻き込んでみてはどうでしょう。

 

⑧走に関しては、もっと速くなりたい、練習したい子の願いをかなえてあげたい。準備期間中、自主的に練習できる場を作る。

   全員リレー、全員駅伝。短距離か長距離の選択参加。

   選抜リレー廃止、動画審判の採用

 

⑨団体に関しては、特活という視点で子ども達が考え、工夫した競技の採用、代表委員会が考えた全校競技。

 

⑩応援は、自主応援、採点あり(先生方、来賓)

 

「当たり前を見直す」という視点に立てば、まだ出てくるでしょう?