· 

No324  働き方改革 6

 読売新聞の「教育ルネサンス」では、「進む働き方改革」が連載されています。

 今日は、5月10日(金)の朝刊の記事からです。この「ぶろぐ」で「働き方改革」を取り上げるのは、6回目になります。

 

 まず紹介されていたのは、「シフト制」の導入です。静岡の中学の実践で「遅番」を設けたことが書かれてありました。

 通常勤務 8:15~16:45、遅番 9:30~18:00

 火、金の週2回、各学年の教員が交代で1人ずつ遅番を勤めるそうです。

 「遅番の日は、余裕をもって授業の準備ができるし、自宅からジョギングしながら出勤して健康管理に努められる」「遅番の先生がいると気兼ねなく帰れる」とあります。

 

 横浜市では、全市小中学校で「フレックスタイム制」を試験的に取り入れたそうです。これは、先日、図書館に行くと、5月7日(火)の読売新聞の夕刊に詳しく載っていました。

「7:15~15:45」(7%)など12パターンから都合のいい勤務時間を選べるそうです。

 一番多いのは「8;30~17:00」(30%)、次は、「9:00~17:30」(24%)で、9;15~、9:30~、9:45~、10:00~を選ぶ人はいません。

 

  皆さんどう思いますか?賛成ですか?

   確かに教員の残業を2時間程度に抑えれば、文科省が示した「月45時間、年間360時間」は達成できるでしょうが、誰のため、何のための働き方改革なんでしょう?

 文科省のため、数字合わせなら、強制退去させればできることです。

 

 先日の「学校の死角」では、小学生の事故は、④放課後(18670)⑤始業前(18369)だったはずです。担任不在で対応できるのでしょうか?

 みんなの勤務がバラバラになり、朝いない人、夕方いない人がいれば、どこで学年の仲間がそろうのでしょう。どこで打ち合わせするのでしょう。

   これでは「教師の講師化」が進んでしまい、良い学校経営はできないと思いますが、大袈裟でしょうか?