· 

No274   結婚観  

 今日は、春休みなので、教育とは離れて結婚について考えてみたいと思います。

 1月13日の朝日新聞の朝刊の記事からです。なかなか紹介するタイミングを失っていました。

 

 朝日新聞では、世論調査、インターネット調査から、「結婚や子育てに明るい未来を描けない世相が浮かび上がった」とあります。

 

 できるだけ結婚はするべき 48% (2012年59%)  11%も減っています。

 必ずしもしなくてよい 50% 半分ですね。 女性若年層は78%と高めです。

 

 夫が働き、妻が家事・子育て 32%   働く女性が増えた方がいい 69%

 結婚をしたら子どもを持つ方がよい 77% (男82% 女74%)

 子どもが幼いうちは母親が家で面倒を見る方がよい 63%

 

 男性が結婚するメリットが大きい 43%

 女性が結婚するメリットが大きい 36%  この差分かりますか?

 

    結婚に対する価値観が変わった 36%

 ★今の日本は子どもを産み育てにくい 72% 経済的負担、両立しにくいからです。

 仕事より家庭を優先できるのが当たり前の社会になる方がよい 60%

 男子の育児休業が当たり前の社会になる方がよい 69%

 

 結婚願望 なるべく早く27% いずれは50% 計77%(男性75% 女性80%)

 いずれは結婚すると思う 男性59% 女性64%

 年収が低い層ほど結婚しない率が高く、交際相手がいない率も高いそうです。

 

 ★結婚相手を選ぶ時の譲れない条件 収入 女性72% 400万円41%

 正規・非正規の雇用形態意識する 女性85% 

    男性正規548万円 非正規229万円

 結婚したい理由 愛する人と暮らせる85% 安らぎの場が得られる77%

         老後に一人でいたくない77%

 

   今の生活に満足している 60%

    ★将来の生活には不安の方が大きい 80%  40,50代86% 

        反対に期待が大きい14%

     日本経済に期待できない 70% 若年層78% 

        反対に期待できる 23%でした。

 

   経済の成長は幸せに暮らすために必要 67% 必要でない 30%でした。

 

    皆さんのこれらの数字は予想通りでしたか?