· 

No260  キラキラネーム  

今日の神奈川新聞の朝刊の記事からです。

 山梨県に住む高校3年生の男子が、甲府家裁に改名を申し立て、許可されたニュースです。親につけられた名前「王子様」から改名し、「肇」としたそうです。

 

 「唯一無二の王子様という母の思いが由来だが、子どもの頃ならかわいいかもしれないが、80歳になっても王子様というわけにはいかない」と疑問だったそうです。

 偽名と疑われたり、女子生徒から吹き出すように笑われたりしました。高校卒業を機に改名を決意したそうです。

 

 読み方の変更だけなら、住民票を置く管轄の役所でできますが、名前そのものを変更する場合は、彼のように家庭裁判所の申し立てと審判が必要になります。

 

 そこでキラキラネームとやらを調べてみました。

   キラキラネームとは、一般的な読み方を無視した名前や、西洋風の名前、アニメやキャラクターの名前、完全な当て字などのことを言います。

 

•碧空(みらん) •是留舵(ぜるだ) •陽空(はるく) •心人(はーと) 

•輝星(べが)   •翔馬(ぺがさす) •黄熊(ぷう) •光宙(ぴかちゅう) 

•厳惰夢(がんだむ) •龍飛伊(るふぃ) •騎士(ないと) •瑛磨(えーす) •楽気(らっきー)•誕生(ばーす) •主人公(ひーろー) 

•得美寿(えるびす) •土恵大(じぇだい)  •琥南(こなん) 

•弥有二(みゅーつー)  •皇帝(しいざあ) ・男 (あだむ) 

 

•今鹿(なうしか) •南椎(なんしー) •乃絵瑠(のえる) 

•紗音瑠(しゃねる) •姫凛(ぷりん) •巴愛灯(はあと) 

•初珠(うぃっしゅ) •葉新(はにー)  •七音(どれみ)

•寿絵莉(じゅえり) •天使(えんじぇる) •月姫(らめ)

•闘女(きゅあ) •碧(あくあまりん)

 

   想像してみてください。病院に行って、おじいちゃんが「えるびす」、おばあちゃんが「えんじぇる」なんて呼ばれていたら・・「王子様」も困るよね?