· 

No195 ハズキルーペ  

皆さん「ハズキルーペ」のCMご存知ですよね?

「本当に世の中の文字が小さすぎて読めない」「謙さんには内緒だよ。」「これ咲の生まれた年だね」と毎回あの臭い芝居に絶句するんですが、妙にインパクトがあって、あのパロディーを考えたくなってしまうのです。

 

  1月6日の神奈川新聞朝刊では、「真っ正面のアピールに好感」と言う見出しで紹介していました。昨年10月には、4135作品中1位になったそうです。ランキングでも前年度の528位から9位に急上昇したそうです。

   またこのCMには、会長自らが制作を主導しました。枠にとらわれないアイデアで、新風を吹き込んだという評価もされているようです。

 

   前作では、渡辺謙さんの熱すぎるプレゼンと、菊川怜さんの演技と美脚が大きな話題になりました。

 

   今回の作品は、武井咲さんのクラブママが、松本清張の人気ドラマ『黒革の手帳』を連想させます。そして、なぜかクラブでハズキルーペを販売するみたいだから不思議です。

   お約束のお尻で強度実験も今度は大勢です。私なら、「あれ、われちゃった。」「いてーっ!」なんてやりたいんですけど。不謹慎でしょうか?

 

   最初のCMキャラクターは70代の石坂浩二さんでした。覚えていますか?そして、60代の舘ひろしさんから50代の渡辺健さん、40代の菊川さんと若返っていきます。

   CM出演者の世代を下げていくことで、アピールする世代を広げ、今回の武井さんで一気に20代までターゲットを拡大するねらいもあるという話ですが、20代に必要でしょうか?