· 

No183  ボール投げに注目  

スポーツ庁が今月20日に2018年度の全国体力テストの結果を公表しました。

神奈川新聞は、「中学男女が最高更新」「小5女子も、底上げ結実」と言う見出しでした。

   中2男子・女子、小5女子は、現行方式の調査が始まった08年度以来最高だったそうです。(小5男子は横ばいでしたが、過去2番目)

 

   しかし、読売新聞では、「ボール投げ低下顕著」と言う見出しでした。

   ソフトボール投げ 小5男子29.44m(1985)→22.14m(2018)

   ハンドボール投げ 中2女子15.36m(1985)→12.90m(2018)

 

   都道府県別にランキングにしてみました。

   小5男子 1位大分 2位福井 3位石川 4位茨城 5位広島

   小5女子 1位福井 2位茨城 3位大分 4位新潟 5位秋田

   学力テストでも上位な福井、石川は、県全体で力を入れているのでしょうか?

   大分、茨城はなぜなんでしょうね?少年野球が盛んなのかと調べてみると、やはり都心が多いので関係はないみたいです。

  

  逆にワーストを調べてみると

  小5男子 47位愛知  46位大阪 45位神奈川 44位山口 43位兵庫

  小5女子 47位神奈川 46位愛知 45位兵庫  44位大阪 43位京都

   都心が多いということでしょうか?ちなみに東京は男子21位。女子24位でした。

 

  神奈川では、「体力テスト依然低迷」「小5女子、中2男子最下位」(読売新聞)と書かれてありました。神奈川は、「1校当たりの児童生徒数が全校で一番多いため」でしょうか?

  投の運動は、しっかり学習指導要領に組み込むべきです。きっと次回の改訂で入るでしょう。

  この間のN先生の投の運動遊びの実践は、これから益々注目されるはずです。