· 

No135 学校トイレ  

「学校トイレ洋式化加速」公立の小中学校でが、災害時に避難拠点になるため、高齢者らが使いやすいように洋式化を急ぐ方針を決めたそうです。エアコンと同じですね。対応が遅いと思いますが。

   そこで調べてみました。文科省の調査(平成28年)では、洋便器数は約61万個(43.3%),和便器数は約79万個(56.7%)でした。

   洋便器率1位は、神奈川県の58.4%、最下位は、山口県の26.7%、ちなみに東京は、54.2%でした。まだこんなもんなんです。

 小林製薬の調査では、学校で全くうんちをしない子どもは約3割。月1回以下しかしないという子どもと合わせると半数以上に上りました

   また、約半数の子どもが学校でトイレに行かずうんちを我慢した経験があることも分かりました

 学校でうんちをすることに対して抵抗を感じている子は約6割に上り、その割合は3年前からほとんど変わっていません。抵抗を感じる理由としては、「恥ずかしいから」「落ち着かないから」が3年前から第1位・第2位を占めていましたが、3番目の理由として、今回初めて「休み時間が短いから」が順位を上げてきました。短い休み時間でトイレを済ませなくてはならない小学生の忙しさが新たな問題として浮上したと書かれていました。

 先日テレビを見ていたら、大和市の男子トイレの完全個室化の話題でした。    その背景には、小便器と大便器に分かれている男子トイレでは個室に入って用を足すことで、いじめの対象になってしまうことがあげられていました。

 「友達の目が気にならない」「恥ずかしくない」といった肯定的意見がある一方、「おしっこが付いていて汚い」「急いでいるときに不便」「座るのが面倒」などの否定的意見もあったそうです。私は賛成ですが、皆さんはどう思いますか。