· 

No116  慣用句  

失礼します。今がるべるから帰ってきました。ブログのこと忘れてました。

今日は慣用句に親しんでもらいましょう。まずは、読めますか?聞いたことありますか?意味も分かりますか?チャレンジしてみてください。

 

①験をかつぐ

②徒となる

③噯にも出さない

④首を回らす

⑤吝かでない

⑥魁となる

⑦身を粉にする

⑧黒白を争う

⑨目の当たりにする

⑩十重二十重に

 

①験をかつぐ(げんをかつぐ)よい前兆や縁起を気にすること

②徒となる(あだとなる)無駄となって、実を結ばないさま

③噯にも出さない(おくびにもださない)心に秘めて口外せず、そぶりにもみせないこと

 噯はげっぷのこと

④首を回らす(こうべをめぐらす)頭を後ろに向けて、振り返ってみる、過去を振り返る、

⑤吝かでない(やぶさかでない)何かをする努力を惜しまない

⑥魁となる(さきがけとなる)物事のはじめとなる

⑦身を粉にする(みをこにする)つらいことをいとわず、努力する。

⑧黒白を争う(こくびゃくをあらそう)物事の善悪や是非、道理などをはっきりさせること

⑨目の当たりにする(まのあたりにする)人づてでなく目の前にする

⑩十重二十重に(とえはたえに)いくえにも多く重なるように取り囲んでいること