· 

No101  46歳の教え子  

101に踏み出しました。次の200を目指してまた頑張っていきます。よろしくどうぞ。

   今日からいよいよ大学の秋学期が始まりました。長い夏休みでした。これからは、月・木・金の週3日午後からになります。午後に授業が集中すると寝ちゃうのではないかと心配です。

    そして、10・11月と2カ月水曜日に教育インターンとして最後の勤務校にお邪魔することになっています。

    さて、最近こんなことがあったんです。がるべるのホームページから初めてお問い合わせのメールが入ったんです。

    1回目は9月16日。全く気が付かず、2回目の9月28日のメールで初めて気が付きました。私の最初の勤務校の最初の卒業生の兄弟からでした。

    あることがきっかけで、私を探そうとネットで調べたそうです。すると小学校名がヒットして、早速学校に電話をしたそうです。男の先生が出て、「個人情報なので教えることはできません。ただ、がるべるという勉強会をやってるそうですよ。」(なんで知ってるんだろう?その時にはまだ始めてないのに?)と話してくれたので、ネットで検索したら、似顔絵と経歴が出ていたので間違いないと確信し、メールをしたのだそうです。

    それから連絡が付き、昨日三軒茶屋で、もう一人の卒業生も駆けつけてくれて、3人で飲みました。帰りは、今日の日付になっていました。

   先生変わらないね。少し頭が白くなったくらいで。(10kg以上太ったよ。)

   先生卒業式の時、ギターを弾いて俺たちに歌ってくれたよね。俺泣いちゃったよ。(全く覚えていない。恥ずかしい。)

   先生の贈ってくれた言葉は今でも大切にしてるよ。「いくら努力したって、できないことなんていっぱいある。でも努力しなかったら願いなんて叶わないぞ。」(言ったかな?覚えていない。でもいつもそう思ってる。)

   あれから34年。全く音信不通だったのに、子ども達には、それぞれ先生の一言が今でも心に残っているんだと思うと改めて、責任の重い仕事をしていたんだなと痛感しました。

    何気ないその一言が、子どもを変える!

努力して結果が出ると自信になる。

努力せず結果が出ると傲りになる。

努力せず結果も出ないと後悔が残る。

努力して結果が出ないとしても経験が残る。(作者不明)