· 

No72    羽生善治名言集  

北海道で大きな地震がありました。皆さんの家族、親戚、お友達にも被害にあわれた方がいらっしゃるのではないですか。お見舞い申し上げます。私たちもつい先日帰ってきたばかりなので、運が良かったなと思っています。

   さて、今日は、羽生さんの記事が出ていました。「将棋において、ある一定のところまで強くなる人は、テクノロジーの恩恵で増える。その先は個々の創意工夫にかかっている」と語ったそうです。実際の盤と駒で棋譜を並べたり、気になる手順はノートに記すアナログ勉強法を崩さないところが羽生さんの素敵なところです。

 この人は、いろいろな名言を残されています。私の好きな言葉を10個紹介します。

①三流は人の話を聞かない。 二流は人の話を聞く。 一流は人の話を聞いて実行する。   超一流は人の話を聞いて工夫する

②平均点を目指すと、限界も決まってしまう

③勝ち負けには、 もちろんこだわるんですが、 大切なのは過程です。 結果だけなら、 ジャンケンでいい。

④努力をしている人の側にいると、 自然にいい影響が受けられるだろう。

⑤私は才能は一瞬のひらめきだと思っていた。しかし今は、10年とか20年、30年を同じ姿勢で、同じ情熱を傾けられることが才能だと思っている。

⑥守ろう、守ろうとすると後ろ向きになる。守りたければ攻めなければいけない。

⑦必ず最後には踏み込んで勝負に出なきゃいけない時がある。

⑧物事を忘れるのは 脳がそれを必要としないと 判断したから。

⑨山ほどある情報から 自分に必要な情報を得るには 「選ぶ」より 「いかに捨てるか」の方が 重要なことだと思います。

⑩何事であれ、最終的には自分で考える覚悟がないと、情報の山に埋もれるだけである。

いかがですか?力がわいてきたでしょ?